豊胸術・バッグ法

豊胸術(バッグ法)は、「小さい」「ハリがない」「垂れている」「左右の大きさが違う」などの胸に人工乳腺(バッグ)を入れ、底上げすることにより胸のボリュームと張りを出し、バランスの良い豊かな胸をつくる方法です。

 

バッグの種類

・アナトミカルタイプ

バストのアンダー部分にボリュームがあるため、寝た状態でも形が維持できます。
大きなサイズを選ばれる方に適しています。

・ラウンドタイプ

最も一般的な形状で、柔らかく、サイズも豊富です。

表面加工
・テクスチャードタイプ

非常に柔らかくより自然な感触が特徴です。カプセル拘縮予防、シリコン漏出防止のために表面に特殊加工を施してあります。

内容物
・コヒーシブシリコンバッグ

シリコンジェルを凝集したもので、バッグの中身が漏れにくく、高い安全性が特徴です。

Doctor's Voice

豊胸術には、大きくバッグ法と脂肪注入法がありますが、当クリニックでは、「脂肪の吸収の問題」「硬結石灰化(乳癌とまぎらわしくなる)」「感染の恐れ」などの理由で脂肪注入法は行っておりません。

当クリニックでは安全性を特に重視するため、手術に先立ち血液検査を行い、全身的なチェックを行います。麻酔方法に関しては、カウンセリングの際に、詳しくご説明しています。

手術後、カプセル拘縮で触り心地がとても硬くなる現象が現れることがあります。カプセル拘縮とは、異物に対する反応が強く現れ、バッグの周囲の被膜が厚く硬くなってしまいバッグの納まっているスペースが徐々に狭くなってしまう現象です。当クリニックで使用するバッグは、表面に特殊加工を施したテクスチャードタイプを使用しますので、カプセル拘縮の心配がなく安心です。また、バッグの中身が漏れにくいので、万が一破損した場合などの心配もありません。

豊胸手術は、安易にするものではありません。コヒーシブシリコンバッグは、安全性は高いですが、さわり心地が劣ります。また、手術後の、快復も他の美容整形手術に比べ時間がかかります。このような事を治療前に十分に説明を受け、しっかり理解した上での手術をおすすめします。

吉田美容形成クリニック
院長 吉田 太

治療方法

局所麻酔が十分効いたところで、乳房の下を横に4~5cm程(バッグの種類、サイズにより異なります)切開し、特殊な器具を用いて、大胸筋下または乳腺下にスペースをつくり、あらかじめ決められた大きさ・種類のバッグを挿入します。この際、傷口を傷めないようゆっくりと挿入しバッグの位置を確認します。次に、ドレーンという細い管を挿入します。これはスペースに溜まった血液や浸出液などを取り除くために使用します。ドレーンの挿入後、傷口を細かく丁寧に縫合し、ガーゼをあて、胸全体にサポーターで圧迫・固定をして終了です。

痛みは?

手術時間は?

手術は約90分で終了しますが、状態が落ち着けばすぐに帰宅できます。

治療経過

通常手術から2~3日後にガーゼ交換とドレーン抜去を行い、7~10日後に抜糸をします。抜糸後翌日からシャワー可能です。通常、手術後1~2週間は違和感、むくみ、痛み、内出血などがありますが、徐々に消えていきます。内出血が強い場合は長時間の入浴はひかえた方が良いでしょう。仕事への復帰は、乳腺下法であれば、翌日より軽い事務仕事ぐらいはできますが、できれば翌日は痛みが強いので休んだほうがいいでしょう。大胸筋下法では、事務仕事や家事は4~5日難しいでしょう。術後約1ヶ月間は軽い圧迫を続け、バッグがしっかりと安定した位置に落ち着くまで(約3ヶ月間)は激しい運動やマッサージはひかえた方が良いでしょう。

手術当日
・洗顔
・洗髪
翌日
・シャワー
2・3日後
・ガーゼ交換のための通院
7~10日後
・抜糸のための通院
・入浴(抜糸の翌々日)

通院は?

2~3日後にガーゼ交換とドレーン抜去、7~10日後に抜糸のための通院が必要になります。その後は、2週間後、1ヶ月後、以後1~2ヶ月ごとに診察を行います。

腫れ・痛みは?

術後4~5時間くらい経つと徐々に麻酔がきれて痛みが出てきますが、痛み止めの飲み薬と坐薬を処方しますのでそれを使用していただければ、痛みはかなりやわらぎます。痛みは2、3日は強く、筋肉痛のような痛みがあります。その後少し楽になり、1週間後にはかなり楽になります。手術後1~2週間は、違和感、むくみ、内出血などがありますが、徐々に消えていきます。

傷跡は?

傷跡は乳房の下のしわに沿っているので赤みが消える(3ヶ月くらい)と、白い筋のようになって目立たなくなります。 傷跡完治の目安は、個人差がありますが、約3ヵ月~6ヵ月です。

通院は?

腫れ・痛みは?

傷跡は?