目の下のくま(ヒアルロン酸)

目の下のくまは、老けた印象や疲れた表情に見え、マイナスのイメージがあります。目の下に落ちくぼんだ”くぼみ”が見られるタイプの、目の下の「くま」に対して、くぼみの溝に沿ってヒアルロン酸を注入し、くぼみによってできる影をなくし、スッキリと若々しい目もとを作ります。

Doctor's Voice

ヒアルロン酸は化粧品の保湿成分として、ご存知の方も多いでしょうが、もともとは人の体内に存在する自然の物質で、皮膚、眼球、関節などに含まれています。このヒアルロン酸は動物から採取されたものではないため、アレルギーテストを行う必要がなく、コラーゲンよりもさらに安全性が高く副作用の心配もほとんどありません。
効果の持続性には個人差がありますが、注入したヒアルロン酸は、半年から1年で体内に吸収され、施術も短時間で終わるのでリピーターが多く、初めての方や2回目以降の方にも気軽に注入していただけます。

目の下のくまやたるみは、どうしても老けた印象の目もとになってしまいます。目の下の余分な脂肪を取り除く脂肪切除法や、たるんだ皮膚を取り除く、皮膚の切除法、レーザーで目の下のしみを取る方法などがあります。当クリニックでは、カウンセリングで、実際に状態を拝見した上で的確なアドバイスをいたします。気になる方は、お気軽にご相談ください。

吉田美容形成クリニック
院長 吉田 太

治療方法

麻酔入りのヒアルロン酸を使用しますので、ほとんど痛みがありません。 くぼみが目立たないように溝に沿って適量のヒアルロン酸を注入し、くぼみによってできる影をなくします。

痛みは?

麻酔入りヒアルロン酸を注入しますので、チクッとした痛みだけです。

手術時間は?

約5分で終了します。

治療経過

腫れや痛みはほとんどなく、当日からメイク、洗顔、シャワーが可能です。

手術当日
・洗顔
・洗髪
・メイク
・シャワー
翌日
2・3日後
5~7日後

通院は?

通院の必要はありません。

腫れ・痛みは?

痛みはほとんどありませんが、人によっては赤みが1日くらい続きます。注射によって内出血が出ることもあるため、出た場合は2~3週間は下まぶたの一部が青黒くなる可能性があります。

傷跡は?

極細の注射針を使用しますので、傷跡はほとんど残りません。

通院は?

腫れ・痛みは?

傷跡は?