大阪(堺市)の美容整形・美容外科 吉田美容形成クリニック

 TOP  院長からのメッセージ  クリニック案内  診療の流れ  料金一覧

豊胸 | 二重まぶた | 脂肪吸引 | しわ・たるみ | 美肌 | 脱毛 | わきが | キズ跡 | プチ整形 | ...

 いれずみ除去 [刺青除去 入れ墨除去 タトゥー(TATTOO)除去]

 いれずみを除去する方法はいろいろあります。

レーザーで色を消す方法、切除・縫合する方法(切除)、切除したあとの皮膚欠損部分を皮弁で覆う方法(皮弁法)、隣接する皮膚をティシューエキスパンダーを使用して引き伸ばし、皮膚欠損部分を覆う方法(エキスパンダー法)、いれずみの入った皮膚を削り取ってそのまま自然に治す方法(削皮術)、皮膚欠損部分に自分の皮膚を移植する方法(皮膚移植術)などが挙げられます。

いれずみ(除去)

いずれの方法も形成外科医として十分に経験を積んだ医師(専門医)でないと簡単にはできない治療法です。この中でどの方法を選択するかは患者様のご要望、いれずみの状態(部位・大きさ・形・色・深さなど)、いれずみを除去し、傷跡が落ち着くまでに要する期間、それに伴う費用などを検討しなければなりません。(いれずみを除去する治療は保険が適用されません。)当院では患者様のご要望に合った治療方法を選択するために、カウンセリングの際に十分に説明し、納得していただいた上で治療にあたっています。

切除

 切除

いれずみを単純に切除し、縫合します。幅の狭い小さないれずみに適しています。

皮弁法

 皮弁法

いれずみを切除し、隣接する皮膚(皮弁)で覆います。単純切除が無理な大きないれずみに適しています。

エキスパンダー法

 エキスパンダー法

ティシューエキスパンダーを使用して、隣接する皮膚を引き伸ばし、いれずみ切除後の皮膚欠損部分を覆います。皮弁法でも無理な大きないれずみに適しています。

削皮術

 削皮術

いれずみ部分の皮膚を削り、自然に治癒させるか、皮膚移植を行います。エキスパンダー法でも無理な大きないれずみに適しています。

※いれずみによるC型肝炎が問題になっておりますので、当院では血液検査を行っております。検査結果が陽性の場合、ご要望があれば一般病院にご紹介いたします。

美容整形の
ご相談・お問い合わせ

吉田美容形成クリニック | 〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁40-1 VAなかもずビル3階

アクセスマップ