堺市の美容外科といえば吉田美容形成クリニック。
梅田から35分、難波から17分、和泉中央から15分、なかもず駅から徒歩1分

ケロイド(ステロイドテープ)

傷跡やニキビ跡、水ぼうそう跡、手術跡などが次第に赤く盛り上がってできるケロイドに、炎症部位に働きかけるステロイドのテープを貼付けることにより症状を軽減することができます。

Doctor's Voice

ケロイドとは、手術やケガの跡が赤く腫れあがったりした腫瘍のような症状をいいます。ケロイドは、時にはかゆみや痛みを伴ったり、安易に切除すると肥大化するのもあります。保存的な治療としては、ステロイドの注入、ステロイドテープが主流です。ケロイドの部分や程度、発生時期によって治療法が異なりますが、ケロイドは本人の体質が大きく関係していて、いくら予防してもできる人にはできてしまうため、治療には細心の注意を必要とします。ケロイドの治療には、確かな形成外科の技術と知識が必要です。当クリニックでは、カウンセリングで実際に状態を拝見した上で的確なアドバイスをいたします。「ケロイド」でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

吉田美容形成クリニック
院長 吉田 太

治療方法

ご家庭で入浴後1日1回ステロイドテープをケロイドの箇所に貼付けます。

 

・注意点
1日1回、入浴後にテープを貼り替えてください。注意点は健康な皮膚に貼ると副作用がでる可能性があるため、ケロイドの形に切って、ケロイドの上だけに貼付してください。

痛みは?

テープを貼るだけなので、痛みは感じません。

手術時間は?

自宅での治療になります。

治療経過

テープを貼ることによる日常生活の制限はありません。
テープを継続的に貼って治療すれば、徐々に効果があらわれてきます。 治療は、根気よく継続することが大切です。

手術当日
・洗顔
・入浴
・フルメイク
・シャワー
翌日
2・3日後
5~7日後

通院は?

月に1回程度、テープをお渡ししますので通院してください。

腫れ・痛みは?

傷跡は?

ケロイドの程度にもよります。傷あとの治療は気長に根気よく続ける必要があります。 ケロイド完治の目安は、約6~12ヵ月です。

通院は?

腫れ・痛みは?

傷跡は?