大阪(堺市)の美容整形・美容外科 吉田美容形成クリニック

 TOP  院長からのメッセージ  クリニック案内  診療の流れ  料金一覧

豊胸 | 二重まぶた | 脂肪吸引 | しわ・たるみ | 美肌 | 脱毛 | わきが | キズ跡 | プチ整形 | ...

 あごのプロテーゼの抜去・入れ替え -あごのぷろてーぜのじょきょ・いれかえ-

あご(プロテーゼ挿入)を受けたものの、「形が悪い」「不自然」「痛みや腫れがある」という、さまざまなお悩みに対応し、プロテーゼ抜き出し・入れ替えをおこなっています。

あごのプロテーゼの抜去・入れ替え

 治療方法

まず、局所麻酔を行います。
口腔内の歯ぐきの近くを2cmほど切開し、そこからプロテーゼを取り出します。(※入替を行う場合は、ここでプロテーゼの入替を行います。)その後、切開した粘膜を細い吸収糸できれいに縫合します。

 痛みは?

 手術時間は?

局所麻酔を行う時に、チクッと感じる程度の痛みがありますが、手術中はほとんど痛みを感じません。

手術は、約30〜40分で終了します。

 治療経過

手術当日

翌日

2・3日後

5〜7日後

 

・ポイントメイク
・入浴
・洗髪

 

・洗顔

 

 

 

・傷チェックのための通院(1週間後)

 

 

施術当日からシャワー・入浴可能ですが、術後1週間は、熱いもの、冷たいもの、香辛料などが傷口にしみますので、注意が必要です。うがい薬をお渡ししますので、毎食後口をゆすいでください。歯磨きをする際は、歯ブラシが傷口に当たらないようご注意ください。歯科の治療は1ヶ月間控えてください。

 通院は?

吸収糸で縫合しますので、抜糸は必要ありません。

 腫れ・痛みは?

術後1週間は、熱いもの、冷たいもの、香辛料などが傷口にしみますので、注意が必要です。腫れは個人差があり、2〜3日から1週間ぐらいの間腫れが出ることがありますが、2週間くらいでほぼおさまり、1ヶ月経ったころには完全になじんできます。

 傷跡は?

手術は口の中から行いますので、切開した傷跡が外から見えることはありません。
また、唇の粘膜組織は、回復が早い部位なので、時間が経過すれば、ほとんど目立たなくなります。
傷跡完治の目安は、約1ヵ月です。

 料金

あごの整形手術で挿入したプロテーゼは、取り出したり、入れ替えたりすることもできます。一度手術をすると、もう取り返しがつかないというわけではありません。気になる方は、お気軽にご相談ください。

美容整形の
ご相談・お問い合わせ

吉田美容形成クリニック | 〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁40-1 VAなかもずビル3階

アクセスマップ